書きかけの日記を定期的にバックアップするように設定する

Hatena::Diary

はてなダイアリー ヘルプ

書きかけの日記を定期的にバックアップするように設定する

書きかけの日記を定期的にバックアップするように設定する

管理画面の [設定] → [編集設定] から、書きかけの日記の内容を自動的にバックアップ(保存)してくれる「バックアップ機能」を設定することができます。

バックアップ機能を有効にすると、はてなダイアリーの編集画面での書きかけの日記の内容を20秒おきにバックアップします。バックアップ内容を確認するには、日記編集画面の下にある「バックアップ」というリンクをクリックし、バックアップパネルを開いてください。

バックアップデータはあなたのパソコン(ローカルPC)内に一時的に保存しているので、ブラウザやサーバーの問題などで編集中の日記の内容が消えてしまった場合でも、バックアップパネルから元に戻すことができます。1日につき最大5個のバックアップを保存し、はてなダイアリー全体では最大20個のバックアップを保存します。古いデータは自動的に削除されます。

またこの機能を利用していると、お使いのPC環境によっては日記編集時の動作が不安定になることがあります。バックアップ機能をオフにするには、再び管理画面の [設定] → [編集設定] から設定を解除してください。

  • ※バックアップ機能はAdobe Flashを利用しています。最新のAdobe Flash Player(バージョン8以上)が必要です。
  • Windows XP上のInternet Explorer 6・Mozilla Firefox、およびMac OS X上のSafariMozilla Firefoxで動作を確認しています。
  • ※日記の文章が長いと「バックアップの容量が不足しています」という警告が出ることがあります。その場合、バックアップパネルの「保存容量設定」ボタンから最大保存容量を増やすか、「バックアップデータを全て削除」ボタンで過去のバックアップデータを削除してください。
  • ※保存容量設定の目安は、日記の文章が短い場合は1MB、文章が長い場合は10MBです。
  • 「その場編集」機能では、特に設定することなく自動バックアップ機能が使えます。

関連する情報